プレカット

プレカットについて

1993年の千葉工場から始まり
現在は年間約10万坪の物件を加工

プレカット黎明期の1993年、千葉に最初のプレカット工場が完成しました。
翌1994年には岡山でもプレカット工場が完成し、東西両拠点での加工体制を整えました。その後も適時、設備更新を行い、在来工法のみならず各種金物工法や中空式金物工法、トラス加工などにも対応できる体制を整えました。
そして今では年間10万坪のプレカット加工をしています。

機械加工と熟練大工の手加工を組合わせ
あらゆるニーズに細かく対応

近年、建築はコンクリートや鉄から木の時代へと変り、加工する木材は長く大きく、そして特殊な加工が必要となりました。
私たちは、いち早くこのニーズを取り込むべく、千葉にドイツ製特殊加工機フンデガー初号機を2003年に導入しました。現在保有のフンデガーK2iは3次元CADを使って加工形状を設計し、他のプレカット工場では加工対応が困難な、長さ15メートル・厚さ300ミリ・高さ1,250ミリまでの木材を機械加工で対応することができます。
機械加工ができない複雑な加工や仕上げに対しては熟練大工による手加工で対応し、お客様からの要望に応えられる体制を岡山と千葉で整えています。

確かな技術と確かな品質はもちろん
「建てる」まで全面的にサポート

従来はコンクリート造や鉄骨造で計画されていた建物を木造で建設するために、建方工事を合わせてお願いしたいというニーズも多くなっています。
私たちは建方サービスも展開することで、慢性的な大工・職人不足をサポートし、工期短縮や工程管理などハード・ソフトの両面からお客様をサポートさせていただきます。
プレカット加工から建方まで、お客様の要望に応えられるよう私たち大三商行プレカットは日々努力と進化を続けています。